田舎にGo 1年以内〜子連れ信州移住〜

家族と信州のどこかへ1年以内に移住します!娘(1歳児)の子育てに奮闘しながら脱東京→長野までの道のり。30代に突入したママの奮闘記です!平成最後の悪あがき。ゆるゆる更新

長野県 佐久市 移住セミナー!レポート

f:id:inakanigogo70:20180921180958p:image

こんにちは、辣油ママです。

 

先日、東京スカイツリーで開催された…長野県 佐久市の移住セミナーに行ってきました!

 

ななななななななんと…

 

佐久市長  柳田さん〟がいらっしゃった、スペシャルな回でしたー!!!

 

市長さんが直々に移住者へプレゼンしてくれるなんて滅多にない機会ですよね。すごいぞ、佐久市

 

我が家も実家方面に帰るとよく遊びに行くのですが、まだまだ知らないことも多いので家族で参加してきました(^^)

 

 

前日にTwitterでほんのり参加を呟いたら…なんと!

 

市長さんから返信をいただきました、びっくり。

 

 

SNS感度が高い市長さんというだけでも佐久市の未来に惹かれてしまいます。

佐久市長さんは市民にもそうでない者に向けても有益な情報をTwitter発信しているのでいつも見逃せません。たまにあるグルメ情報もグッド◎

 

現代では活きた情報を掴みに行くためには欠かせないツールですよね!それがない地方もまだまだ沢山あるのですけどね…

特に地方へなかなか足を運べない移住希望者にとっては情報収集といえばTwitter

行政はもちろん、地域おこし協力隊、地方インフルエンサー、先輩移住者さんをフォローしておくことは重要です。

 

そんなやりとりがあったので当日ドキドキわくわく楽しみに行ったところ…!

 

今度はセミナーが始まる前に…佐久市長さんが気が付いてくれてお声がけしてくれました!!

 

この日は約50人参加者がいて満員御礼だったのにも関わらず…またもやびっくりです。

その後もTwitterきっかけで職員さんも隙間時間でお話してくれてとても嬉しかったです!

 

こういった小さな出来事が、今後の移住先選定に迷った時はきっと大きく響いてくるのかなと。

良い機会でした、家族もろとも身バレしたのが恥ずかしかったけど。笑

 

大方の予想通り、娘がじっとせずに一部聞けなかったことが悔やまれます。これはもう毎回恒例なので旦那さんには全部聞いてもらいました。

 

大型イベントなどと違って、開催市だけの移住セミナーだったのでガッツリ入り込んだ内容まであって良かったです!でも時間が足りない…

以下、私の所感まじりなまとめです。

 

 

市長さんプレゼン!佐久市の魅力

f:id:inakanigogo70:20180921141917j:image

 

セミナー冒頭で佐久市長さんの挨拶、移住者に向けた街紹介がありました。

私も含め、佐久市を訪れたことがある参加者が大半だったようです。そのなかでもこの市長さんの言葉が皆さん一番響いたのではないでしょうか…

 

佐久市は軽井沢の郊外』

 

直々にそれ言っちゃう?!とか最初は思いましたが、話を聞けばストンと腑に落ちるものがありました。

 

ザ・日本屈指の人気観光地、軽井沢。

本当に素敵なところですが…観光客が多すぎてシーズンは居住者には大変だろうなと感じます。

例えば交通面や物価、地元民の穴場に行かないと不便に感じることもあります(元上田市民で現東京の私、軽井沢大好きで帰省時に行く度そう思う。

 

しかし逆に考えると質の良いもの、つまりは観光客や別荘民向けのものが佐久市に流れてくるのです。

物流は西へ西へと流れる。つまり佐久市は東信地域の中でも〝ちょうどよい〟が集まりやすい。

佐久市に昔から大きなお店が多いのはこういった背景があったのだな、とお話を通じて感じました。

 

交通に関してもそうで、すぐに下道で軽井沢へアクセスできる、ちょうどよい距離。

八ヶ岳方面、こちらも観光地ですが山梨県清里にも行きやすいですよね。群馬県と隣接しているのでこちらも出やすいです。

 

そして佐久市には高速の上信越道が走り、北陸新幹線の停車駅があります。これで東京にも出れますし、日本海にも抜けられます。

最近では山梨県側に抜けるには鉄道の小海線だけでなく、中部横断自動車道も開発され、ゆくゆくは静岡県まで一気に抜けることが出来るように!

 

海から一番遠い内陸ポイントを市内に有するのですが地理的不利を感じさせない、佐久市の魅力です。

 

まずは二拠点生活と思ってる方も、完全移住される方も、今いるところとのギャップを不便さで感じにくいのではないでしょうか。

田舎であって田舎でないのが佐久市の強さなのかもしれません。

 

あ!でも交通網充実してるけどマイカーないと不便です。

県内でもなくてもなんとかなるかもしれない率は上位の方ですが圧倒的に時間損失!

 

 

それと佐久市長さんがオススメしていたポイントとしては、天候と災害リスクについて。

 

厳しい暑さの夏でも熱帯夜になりにくく、冬は県内の他地域ほどは雪が積もらない。※もちろん広いので市内でも差はあります

地震も影響が少ないので、最近では晴天率と耐震リスクを評価してくれた某精密機器メーカーの工場誘致に成功したともお話にありました。

 

個人的には浅間山の噴火による火山灰リスクが多少懸念かなと。

これは群馬県側が被害が大きく、長野県側は地点によって影響差が出ると過去からみて言われているので何とも言えませんが…

 

ちなみに過去の噴火経験がある上田市民の祖母と母曰く、当時は火山灰で家や車の窓ガラスが傷ついて大変だったそうです。

もっと距離が近かった佐久市周辺はどうだったのだろうか。

 

佐久市長さんのお話は地理的環境の他にも色々とありましたが、それはまたあとで言及します。

とにかく改めて立地の良さに気付かされました。

 

森暮らし vs 街暮らし ?!

佐久市長さんが退場され、次に移住者の先輩トークセッションがありました。

 

どちらもお話しされたのが年配の方だったので定年退職後の移住。私たち現役世代には少しギャップのあるお話だったかなと思いましたが…

 

実際の生活にかかる費用、特に東京との比較。賃貸物件にすべきか、家を建てるべきか。

また移住後の地域との関わり方について本音を交えて聞けて良かったです。

 

平成の大合併を経て、佐久市はとても大きな市になりました。

大きく分類すると…画像のような感じです。

f:id:inakanigogo70:20180921152606j:image

 

画像中央付近のエリアが市の中心部。

北陸新幹線佐久平駅佐久市市役所までが人口が多く、お店や働き場が密集してるエリアです。

 

それをぐるっと囲むように、御代田町軽井沢町寄りの浅間エリア、小諸市東御市立科町寄りの望月・浅科エリア、そして佐久穂町や小海町寄りの臼田となります。

 

街に住むか、森に住むか。

これは佐久市以外で移住先選定をしている人にとっても共通する、悩ましいテーマですよね。

 

個人的には年代によって必要な環境は変わってくるので一概にどちらと言えない問題だと思います。

 

私たち家族の場合は、仕事と子育て環境が何よりも優先したく。お話を聞いていると、早くから森エリアに行く必要はないのかなと思いました。

 

なぜなら移住後の数年は賃貸物件をと考えているからです。

 

ここと決めて定住するよりも失敗へのリスク回避になりますし、じっくりと周辺地域を見て回れるのがメリットと感じます。

これはトークセッションで賃貸暮らしをしている街エリア先輩移住者さんもお話されていました。

 

賃貸物件だとやはり人やお店の多い便利なところに集中しますよね。

移住先に早く行きたい気持ちはありますが、まずは気に入った物件がないと始まりません。

その点だと、佐久市は長野県内でも比較的賃貸物件が多い場所なので大変ありがたいです。

 

逆に、トークセッションの森エリア先輩移住者さんのように子育て終えて夫婦だけになってからなら好きな場所に定住もアリかなと。その頃には資金もあるでしょうし…

 

あとは移住先選定で重要なのは、自治体と消防団との関わり!

 

私の地元、上田市ですが場所によっては消防団が大会で好成績残すなど強いので活動にかなり力を入れています。

私の近所の支部では時期になると朝5時集合で7時までラッパなど練習…週末も大会などで勝ち残るとどんどん土日が!なんてことも。とりあえず若者は強制加入です。

 

まあこれはかなり特殊な例なので、あまり間に受けないでください。長野県内、断れるところや幽霊団員でいられるところもあります。

 

トークセッションの方は聞いた限り、自治体や消防団との関わりを最小限というか絶っているみたいだったので実情が気になります…若者とそうでないとで話が変わってくるので。

 

移住先を探してる方は現地に足を運んでそれとなく不動産屋さんや地域の方に探りを入れてみましょう!

ネットにもなかなか答えはありません(泣

 

もちろん悪いことだけではありません。地域コミュニティに属することは繋がりも出来ますし、特に子育て世代は見守ってくれる人が増えることは重要です。

 

特に自治体はお祭りなどある際は関わっていないと寂しい思いをするので参加しておきましょう。

佐久市は地域毎の特殊なお祭りやイベントも盛んなので勿体ないです!!

賃貸だと、自治体費を払う以外は自分から関わらないとなかなか顔を広げていけないかもしれませんが…

 

ちなみにトークセッションの移住者先輩は、移住者同士で一緒にいすぎるのもダメだと言っていました。

古くからいる人たちが警戒するからだそうです。笑

一昔前までの田舎はその傾向あったけれども多少は開かれてきているはず、特に佐久市なら…と私は思う今日この頃です。

 

 

私の思う、佐久市

と、いった具合にここまで記事を書いてきましたが…移住者トークセッションの途中から私は娘対応で長くログアウトしておりました\(^o^)/

 

ここからは私の思う、佐久市のよいとこです。

 

 

《仕事》

東信地域で働く場所を探すなら、佐久市はとても有利です!

なぜなら人口が多く、サービス業は元より本社や工場を構える企業も多いからです。

 

佐久市では仕事探しに一歩踏み込んだ独自のサービスがあります。

 

↓↓無料職業紹介所さくさくワーク↓↓

https://www.city.saku.nagano.jp/smph/sakusakuwork/index.html

 

簡単に言うと、佐久市特化版ハローワークみたいなものです。

ここの良いところは佐久市に直接足を運べなくともオンラインで求人情報が閲覧でき、また東京になってしまいますが…銀座NAGANOで月1相談ブースが開設されることですね。

 

なかなか職種が一致しないと難しいところですが、転職移住を考えているので民間エージェントやハローワークと併用したいところです。

 

佐久市はリモートワークや2拠点生活を実現しやすいのもポイント高いです!住まいは長野県、仕事は東京近郊とか。北陸新幹線は本当に便利です。

 

あとは前述した通り、地方といえど仕事が他地域より多めなので子育て中のママさんもなんとか自分のスキルを生かす仕事を見つけられるかもしれません。

 

田舎だと難しいのですよね、まだまだ女性が働くことは…我が家も色々と考えねばなりません。

私自身、特段仕事ができるわけではないけど、勿体ないなあ今までの経験…と思うこともある今日この頃。むむむ…

 

 

《子育て》

保育園、幼稚園。そして小学校、中学校。高校からの大学…に至るまで選択肢が多い印象です。

 

市内が広いので当然なのかもしれませんが、地方だと、どうしても選択肢が狭まりがちなので候補はあるだけありがたい!

特に幼児期の学び環境は施設によって差がありすぎるので比較検討は重要です。

 

しかし街エリアの保育園は、年度毎の一斉申込みに間に合わないと入れない印象。

私の友人は佐久市在中で申込みタイミングも間に合わせましたが1歳児入園できなかったそうで、今も育児休業を延長しています。

2歳の枠は広がりほぼないけど次の年度で入れるのだろうか…

 

我が家はどうしても職探しが終わってからでないと移住先候補を絞れないので、どこの自治体になったとしても年度途中入園になりそうです。

そうなると佐久市のような人口が多い都市は地方といえど溢れてしまうのですよね…

 

家から離れたところへ通園させたり、幼稚園のプレを検討したりも考えなければなりません。こればっかりは引越しタイミング的にしょうがないので日々どうするか悩んでいます。

 

小学校になると児童館も各地充実してるようで安心感がありますね。

その時に共働きを継続するかまだ未知ですが、積極的に利用したいところではあります。

 

あと私は佐久長聖中学・高校にとても注目しています。

単に憧れがあるのかもしれません。長野県の高校は公立は私服、私立がそもそも少ないから制服はあまり見かけないので。

※とか言いつつ、私は他市の私立出身なのでバリバリ制服でした。母校の旧デザインがダサくて…笑

 

そのくらい特徴的なモスグリーンが綺麗な制服なのです…!と、思っていたら。2017年から制服が変わったのですね?!なんとなくショック…

もちろん、カリキュラムの充実も。出身の友人の話を聞いていると良いところだなと感じます。

 

その他にも中学校は近隣地域で、国内でも先進的な取組みが注目される学校が今後いくつか開校されます。

親が送迎可能な範囲なら佐久市外への通学もアリかもしれません。

 

なお、高校は市内に選択肢が多めでよいかなと思いますが…

やはり他市や他県の特色ある学科に行きたい子も鉄道で頑張ればどこでも行けるのはいいですよね!

私の地元の友人にもその選択をしてた子は多かった印象です。交通網って大事だ…

 

 

《医療》

佐久市といったら何と言っても医療の充実かなと個人的には思っています。

佐久市長さんも強くオススメされておりました。

 

ここだけの話、同じくらいの規模の上田市からも通院している人が多く目に付きます…(親世代は特に

 

まず長野県内でも珍しい、ドクターヘリを擁している病院があること!

出来ればお世話になりたくないですが、仮にもそのような事態に陥ったら大変ありがたいはず。

 

大病院だけでなく、色々な診療科でクリニック等の町医者も近隣地域よりは多い印象です。

東信で同じような規模の上田市よりも産婦人科の選択肢があることは、第二子をいつかと考えている私には魅力的に感じます。

 

あとは行政が市民へ健康を促すのはよく見かけますが、佐久市のすごいところは病院側からも積極的に働きかけているところ!

 

病院から市民にアプローチしてくれると、病院に対して負のイメージを持って行きにくい人でも健康への考え方が変わりますよね。

県内でも平均寿命が長めなのは、地域で健康を後押ししているからなのかも。

 

佐久市にいる限り、皆さんなんだか健康に対する意識が高いので…住めば『ぴんころ地蔵』のように生きられるかもしれませんね。

現地に行かれる方は、観光ついでにぴんころ地蔵について是非調べてみてください。

 

 

まとめ

今回、移住セミナーに参加したことでより佐久市の魅力を発見できたと思います。

 

それにお土産に釣り上げられました。笑

f:id:inakanigogo70:20180921173029j:image

 


いただいた浅間の天然水、硬水よりなので飲む人を選ぶかもしれませんが私はすごい好き。

ガブガブ飲みたかったから旦那さんの分も途中から貰いました。笑

 

f:id:inakanigogo70:20180921173420j:image

佐久市は水系が多く、北は浅間山からの硬水でビール作りに適しているのですよね。お隣小諸市ではワインも。

南は八ヶ岳千曲川蓼科山の水系で日本酒が美味しい。

 

お酒好きな私にはたまらない街です!!

美味しいスイーツ屋さんが多いのも特徴的ですよね。

 

しかし佐久市に移住するならば鯉を乗り越えねば。

上田市でも食べることあるのですが…どうも昔おばあちゃんちで錦鯉飼ってたせいで…食わず嫌い…

あ、ヘルシーテラス佐久南のビュッフェレストランで鯉そぼろは美味しく食べれたので見た目の問題かもしれません。笑

 

 

さてさて。

ここから先の移住先選定には旦那さんの仕事のこともありますし、まだまだ他地域も見ているのでどうなるかわかりませんが…

 

現状はとても惹かれています!

 

しかし移住が実現しても市内広いのでエリア選定にはとても迷うかも。

佐久市は旧町村でかなり特色があるなと感じています。お祭りや食文化、地形…

 

その点は今度帰省したらドライブしながら色々と見て回りたいと思います!

 

まずは佐久市こども未来館に娘と行って、リニューアルした最新鋭のプラネタリウムを見たい!

他にもお気に入りのお店や公園、温泉が多いのでまた別記事にレポまとめたいなと思います。

 

あ〜!はやく遊びに行きたい〜

 

 

今回はこの辺で。おわり!

 

また今後も記事を書いていきますので是非訪問してくださいヽ(*・ω・*)ノ待ってまーす!

 

↓↓Twitterフォローしてくれたら嬉しいです!  壁|ωΘ)..↓↓

https://twitter.com/inakanigogo70

移住セミナー!長野県 東御市 レポート

f:id:inakanigogo70:20180917124522p:image

こんにちは、辣油ママです。

 

2年前から少しずつ時間を見つけては移住準備をしている私たち家族。

 

しかし働いていたり子育てをしているとなかなか家族単位で準備の時間がとれませんよね。現地に行くのも子連れだと一苦労です。

 

そんな時に移住セミナー!!!

 

今回は、東京で実施された移住セミナーに参加。ざっくりとですが感想をまとめました。

長野県で同じ方面で検討している方ご参考になれば嬉しいです。

 

ただし、参加時1歳7ヶ月の娘がグズって途中退場してることもあり…本当にざっくりです(泣)

 

 

ふるさと回帰フェア -大型イベント-

前回の記事でも紹介した、ふるさと回帰センターさん主催の大型イベントに参加してきました。

 

東京国際フォーラムで全国の自治体が集まっていただけあり、一番大きなホールにとにかく人、人、人!!!

 

長野県だけでも23ブース\(^o^)/

 

これは他地域よりもかなり自治体が力を入れていますね。見渡しても明らかに人の多さが際立ってました!長野県の各ブース待ち時間も凄かったです…

 

私たち家族は過去、長野県のセミナーにはいくつか参加済み。職員さんも多くが変わりないので時に顔を覚えられていて、この日も声をかけられてびっくりしました。笑

 

f:id:inakanigogo70:20180916165043j:image

娘は通りすがりの茅野市ブースで可愛い風船と笛おもちゃをもらって遊んでたのですが早々に飽き\('jjj')/  

グリーティングに現れた、宮田村のみやさんや他のゆるキャラに遊んでいただきました!

 

この日は会場内キッズスペースもあり、主催者さんや各自治体さんの優しさや配慮が大変ありがたかったです!

 

東御市ブースにて

そして娘をなだめつつ…今回は。

未だに訪問していなかった東御市さんブースへ!!

 

f:id:inakanigogo70:20180916181931j:image

私の実家はお隣上田なので、東御市に関して実情をよく知っているつもりなのですが…旦那さんはまだまだ謎が多いようで。

特に私たち夫婦の関心ごととしては、仕事と子育て環境と医療。ここをメインに話を聞いてきました。

 

なお、秒で飽きてしまう娘。

お隣にブースを構えていた上田市さんにオリジナル自由帳をもらい、私たちが話を聞いている間は相談員さんとお絵描きをしてました。みなさん本当に優しい…

 

 

《仕事》

東御市で仕事を探すとなると、職種も業種もとても限定的になってしまうと断言されました。

近隣と比較して求人数も少ないそうです。

 

製造業を中心に本社を構える企業は少なく、あとはワイン産業や少し観光業など。県内でも年収が高めと噂の某社もありますが職種が一致しなければ応募も出来ませんし…

またクルミやぶどうなどの特産品を中心に農業が盛んですが、就農を視野に入れていない我が家では候補から外れてしまいます。

 

基本的に上田市佐久市へ、マイカーorしなの鉄道通勤を視野に入れて仕事を探すのがベストだそうです。

確かに友人やその親たちを見ていると大半その通りでしたね…

 

あと今後は自治体としてスポーツや観光方面に力を入れていきたいそうなので、地域おこし協力隊の紹介もありました。

 

東御市の公式サイトでは地域おこし協力隊員の活動レポートが読めますので興味ある方ご覧ください。

 

仕事は旦那さんも私も今までのキャリアがあるので大幅転換は難しいですね…私は子育て中なので思い切って働き方改革してしまってもよいのですが。

どうしても稼ぎの主体となるのは旦那さんなので、彼の職探しは慎重になります。

これは東御市に限ったことではないのですけどね。

 

 

《子育て》

東御市は大きく分けて2つの地域に分類、北の旧東部町エリア、南の旧北御牧村エリアです。

 

しなの鉄道線路を挟んで北か南かで子育て環境も大きく違うそうです。

f:id:inakanigogo70:20180916181957j:image

 

〝保育園〟

市内に5つ、どれも平成18-27年にかけて改築か新築されていて綺麗な印象(通りすがり現地で見ても)。

園庭が全て芝生、また別記事にて取り上げた「信州型自然保育」に認定されているのがとてもポイント高いです。

 

待機児童ゼロ!!年度途中もしっかり受け入れているそうです。

ちなみに幼稚園は田中駅方面に1カ所だと記憶しています。

 

〝小学校-中学校〟

市内には小学校5校、中学校2校、高校と大学はありません。

 

前述した地域分類がここで関係してくるのです!北と南のエリアで様子が全く違います。

 

北の旧東部町エリアは小学校まではいいのですが…中学校になると…4校が集約化されて1校となるためマンモス校に!!

クラス数は確か8クラスと聞きました、田舎だととても多い印象です。

立地環境は市のほぼ中央となるところにあり、近くには大きな公園があってとても素敵なところなのですけどね。マンモス校かあ…

 

ちなみに南の旧北御牧村エリアは、小学校1校に対してほぼ全員がそのまま進学する中学校が1校。

こちらは保育園からのお友達がずっと一緒に大きくなっていくそうです。ほのぼの

 

ただし、利便性に関しては何かと北エリアの方がいいので移住を検討される方はより何を優位とするかですね。

 

〝高校より以降〟

東御市には高校が1校あります。

しかし長野での友人を見ていると、高校は多くが上田市小諸市佐久市に分散する印象です。

しなの鉄道長野市まで通学する子も中には珍しくはありません。

 

ここまでくると大学や専門学校もそうですが、本人の志向によるところが大きいので…私は高校以降が市内にあるかどうかは重視してません。

 

《医療》

医療に関しては数年以内に第二子をと考えているので、移住先を探す際に産婦人科に注目しています。

 

東御市には産婦人科の取り扱いがある大きな病院だと東御市民病院があります。あとはそこに付随して分娩は県内でも珍しい、市立助産所とうみ。

 

そこを利用しないとなると、上田市小諸市佐久市の分娩を取り扱う大きな病院を利用することになります。

 

東御市に住んでいる友人を見ていると、多くが助産所ではなく隣接市の大きな病院を利用している傾向があります。

多少の距離はかかっても、ハイリスク妊婦はそちらの方が安心ですからね…あとはバースプランや産後の生活等の考え方は病院によって違うので合う合わないがあるかと思います。

 

そう考えた時に、私が東御市にいるなら友人のようにするかな…と思う今日この頃。あくまで個人的な意見です!

どちらにせよ私は第一子で里帰り経験ある、上田市産婦人科にまたお世話になる予感ですが。

 

これは産婦人科だけでなく、他科でも同じことが言えると思ういます。移住先の医療機関を調べておくことは重要かと。

ちなみに隣接市の大型医療機関には車で大体20-30分くらいです。

 

 

東御市まとめ

私は東御市が大好きです!

f:id:inakanigogo70:20180917114339j:image

2018年 春巡業 東御場所にて 桜と十両土俵入前

 

なんといっても信州産ワインが大大大好きなので複数ワイナリーがある環境、もう喉から手が出るほど羨ましい!!

地ビール、オラホビールもとても美味しいです。

 

あとクルミが好きすぎて毎日食べているくらい。実家に帰る度に東御市の道の駅や直売所へクルミを買いに行っています。くるみ蕎麦〜!

 

親戚や友達が住んでいるので文化、歴史も馴染み深いのもポイントが高いです。あと小さい頃から好きなお店や温泉がいっぱい!

相撲好きとしては伝説の力士がいたこと!2018年は御嶽海フィーバーの地方巡業もありました、もちろん参加しました(^^)

食文化だと長野県だけどほうとうが愛されてるところも◎!アトリエドフロマージュも乳製品大好きだから身近にあるの良いですね。

 

東御市に関しては挙げるとキリがないのでまたいつかオススメ店を記事にしたいくらい。

 

景観や地形も同じくらい好きです!

湯の丸スキー場方面から群馬県嬬恋に抜けたり、浅間サンラインで横移動したり、縦に街中心部へ坂を向かうところも好きです。

あとなんといっても海野宿、東御中央公園でほのぼのしたり、そして北御牧エリアの広がる大地感もとても好き。

 

市全体で区画が広めなのも良いですね。

私たち家族は賃貸からスタートし、数年後に家を建てたいと思っています。

そのまま留まるつもりなら土地が広いことは魅力的です。長野県内でも、もう少し人口がある市だと土地が狭いことも多いので。

 

 

と、言った具合に。

東御市への好きが止まらないのですが…住むとなると旦那さんとも意見が合致したいのでまだ迷います(´・ω・`)

 

あとは仕事面ですかね…せっかく東京から抜け出すならなるべく減らしたい通勤タイム。

そして贅沢は言っていられませんが…なるべく仕事は選びたいのが本音。

 

ちなみに移住検討される方は一番気になると思いますが、東御市だとマイカーは一人ずつ必須です!

前述した通り、どこも区画は広めなので車の運転は下手な人でもしやすい印象です。混雑も隣接市と比較すると国道中心にそんな気にならないかな。

 

バスと電車には朝晩以外あまり本数頼れないかな…エリアも限られますしね。

あと自転車は地形的に登り降り嫌いな人は不向きと思います。私には向いていません。笑

 

 

雑感が多くなってしまいました、この辺で今回は終わりにします。

相談員さんとお話していて感じたのは、やはり資料だけだと限界があるので現地に行くことが大切。

車で自分たちの思い通りに市内を巡るのもいいかもしれませんが、出来れば移住ツアー等の自治体主催のものに参加するのがオススメかと思います。

 

私たちも現地に行ったりと色々調べていきますね〜!

また今後も記事を書いていきますので是非訪問してくださいヽ(*・ω・*)ノ待ってまーす!

 

↓↓Twitterフォローしてくれたら嬉しいです!  壁|ωΘ)..↓↓

https://twitter.com/inakanigogo70

 

行ってみよう!移住セミナー&イベント

f:id:inakanigogo70:20180907114233p:image

こんにちは、辣油ママです。

 

ところで、みなさん移住に向けての情報はどうやって得ていますか?

 

私は専ら「ネットサーフィン&帰省時の現地散策」です。

 

子育て中だとなかなか自分時間がとれません。毎日少しずつ、離れるとすぐ起きる繊細な娘が寝ている隙にスマホをぽちぽち。

 

気になったサイトやSNSの発言はブックマーク。いまは昔と違って情報を取りに行きやすい、とても良い時代ですね!

 

 

帰省の現地散策も欠かせません。主に幼児を連れての無理ない範囲のみになってしまいますが…

 

実家のある長野県上田市を足掛かりに、主に県内を北信東信エリアを巡っています!運転免許取っておいて良かった!もちろん歩き、バス、鉄道も大活躍です。

 

 

しかし!

 

毎日のネットサーフィン、数ヶ月ごとの現地散策だけでは自分の意向が大きいので偏った情報だけになってしまいます。

 

私の場合は旦那さんが仕事を休めないことが多く、どうしても自分で得た情報を共有し辛いことがあります。

 

それにそもそも縁もゆかりもない土地に移住しようかなと思ってる方は、忙しい毎日だと旅すらハードルが高いですよね。

 

 

そこでオススメしたいのが…自治体やそれに準ずる団体主催の移住セミナー!!!

 

様々な切り口のテーマで開催されているので、今までになかった観点で移住のきっかけを作れるかもしれません。

 

また、直接現地の状況に詳しい人と資料をもとにじっくり話せます。

知りたかったけどネットサーフィンなどで探しきれなかった情報、なかなか現地を旅するだけではわからない地域の本音は質問してしまった方がきっと早いでしょう。

 

誰かと話すことは重要で、自分の考えがストンと整理されます。移住したい気持ちを見つめ直すきっかけにも!

 

今回は、私が過去に参加したセミナーを中心にまとめました。

移住に迷ってる方、東京都開催で土日が多いですが是非直近の開催を調べて足を運んでみてください。

 

 

大型移住イベント(全国から集合!

夏コミや冬コミなどが行われる東京ビックサイト、東京駅からも近い国際フォーラムなど、年1-2回開催される大型イベントがあります。

 

全国から多くの自治体が職員を派遣してくるので、まだ移住先候補の都道府県を複数迷ってる方にオススメです。

 

移住希望の都道府県を絞ったけれど、どこの市町村にしようか悩んでいる方にはさらにオススメ!

しかし、この場合は話を聞きたい市町村が来ているとは限らないので悪しからず。

 

また、このような大型イベントは無料託児やキッズスペースを設ける場合もあります。

もちろん毎回ではないので子育て中の方は事前にイベント公式サイト等で調べてからお出かけください。

 

無料託児は大変ありがたく、正直子供と一緒だと話が入ってこない。という以前に途中で飽きてグズられたらそもそもその場にいられません。

夫婦で行っても片方は全く参加できないなんて珍しくないですよ…経験談

 

もしこの記事見ていたら…イベント主催者さん、自治体の移住相談員さん…!

難しいのは承知ですが、有料でも良いので託児を…何卒よろしくお願いいたします…あるとないとじゃ移住モチベーションと得られる情報量に天と地ほどの差が生まれます…

 

とにかく会場が広くて人も多い!割と若い方も多いのが印象的でした。

移住先として人気がある自治体ブースは混みやすいので時間帯を選んで訪問したほうがいいでしょう。

チラシだけ貰って退散は勿体ないです。しっかり順番を待って活きた情報を取りに行きましょう!

 

↓↓大型イベントを定期的に開く団体さま↓↓

 

一般社団法人 移住・交流推進機構

https://www.iju-join.jp/

 

 

都道府県、または市町村のセミナー

大型イベントで気になった自治体ができたら、さらにステップアップ!次の段階に進みましょう。

 

移住先候補の都道府県の移住相談窓口、または市町村の移住セミナーにGO!

 

私の希望先である長野県を例に解説します。

 

他の地域希望の方は、このあと1つ目のリンク(ふるさと回帰支援センター)は絶対チェック、現地にも足を運んでね。

あとはアンテナショップに行ってみましょう!

 

まず、東京都および首都圏にいる方でしたら…特定の都道府県自体の話を掴みたければここに行きましょう。

 

先ほどもリンクを貼った、ふるさと回帰支援センター。東京都は有楽町、交通会館8Fにあります。

 

全国45都道府県(東京都・大阪府はありません)県単位でブースがあり、それぞれに相談員さんがいます。この相談は予約制ですが、フロアには各所に自治体のチラシも用意しているので覗いてみてください。

 

東京都は銀座にあります、銀座NANAO。ふるさと回帰支援センターから徒歩10分程、是非ハシゴしましょう。

アンテナショップとイベントスペース、観光情報センター、コワーキングスペース、移住相談窓口がフロアごとに分かれてあります。

 

移住に向けて具体的な情報が得たい場合から、またまずはアンテナショップで特産品を見たいという気軽な訪問もできるのでオススメです。

1Fアンテナショップで「八幡屋礒五郎」をとりあえず買おう、話はそれからだ。ちなみに柚子入りで。

 

 

様々な切り口のイベント

ここまで段階を踏んできた方、いまこの記事を読んでいて既にいたら…相当具体的に移住を考えてますね?!

 

県どころか市町村までいくつか具体的な希望があるはずです。得られる情報は得ましたね?じゃあ次は他にない視点から地域を見つめてみましょう!

 

ここまでに貼ったリンク先の団体は定期的にテーマを定めた移住相談セミナーを開催します。

 

例えば…

子育て、地元グルメ、アウトドア、古民家リノベ、一次産業新規参加、二拠点生活、転職、移住補助金、星空、滞在ツアー、婚活など。

 

挙げ出したらキリがないくらい、各自治体で面白いテーマで開催しています。

 

移住と聞いてすぐにピンとこない、具体的なイメージが湧かない方でも…何かしら自分が抱く悩みの解消に繋がったり、憧れる生活スタイルだったりと聞いてみたい内容があります!

 

私は今まで長野県主催の子育てセミナーに2回参加したことがあります。

どれも妊娠期から子供が大きくなるまで、どのような環境で子育てが出来るか。またそれに対して公的な助成はどんなものがあるかなど具体的な情報が得られて助かりました!

 

また子育てがテーマだったので、会場にキッズスペースが設けられているのも良かったです。長野県のゆるキャラアルクマくんの塗り絵やシールで子供も楽しく過ごせました!長い時間だとどうしても飽きてしまうから嬉しい配慮。

 

移住する際には市町村によって子育て環境も差があるので比較検討はとても大事!!

県全体の考えを知り、参加自治体ごとの特色を知ることができる良い機会でした。

 

また、特化型セミナーでは先輩移住者さんが講師になることやその道の著名人がゲストとしていらっしゃることもあります。生の声が聞けるのはとてもいいことですね!

 

私が次に特化型セミナー参加するなら料理教室とか写真のセミナーがいいなあ…!なかなか子供がいると難しいのですが夫婦で参加ならなんとかなるかも。

 

 

参加時の持ち物はコレ!

さて大・中・小、それぞれのセミナーやイベントを紹介してきましたが…参加の際これだけは絶対に忘れないでください!

 

事前に予約!

ボールペン!

トートバッグ!

飲み物!

 

大型イベント以外は事前予約が必須です。常にアンテナを張って情報を取りにいきましょう。

長野県のような全国でも人気の移住先はセミナーが埋まりやすいです。思い立ったが吉日!

 

いい大人は筆記用具から。ボールペン絶対に持って行きましょう、どこで縁が繋がるかもわからない。自治体がどうせ用意してくれているなどと考えてはダメ。相談する度に個人情報は自治体へ提供記入するので、自分の普段使い慣れている物で書くほうがスマート!

 

トートバッグ!沢山のチラシとともに自治体から貰えることもあります。しかしそれは稀、手が痺れる前に必ず用意しよう。過去に何度かお米や特産品のサンプルをもらったことがあります。これは嬉しいけど袋がないとキツイ…

 

飲み物は必須。一度相談を始めると気が付いたら30分〜1時間経過などザラです。どの規模のイベントでも好意を持って情報を聞きにきてくれた人に対して熱心に職員さんが話をしてくれます。気が付いたら喉はカラカラです、飲み物に気を付けてください。

 

 

まとめ

出来る限り、移住セミナーやイベントに行って地域を知りましょう。

 

何かと迷っているだけでは移住話は進まないので行動あるのみです。現地に行く前に気軽な気持ちで参加してみてください。

 

活きた情報は対話から生まれる!

 

ここで得た縁が思わぬものをもたらすかもしれません。

自治体にもよりますが、大抵のところは相談員さんが名刺をくれます。参加後フォローメールをくれたり、より具体的な情報、実際に現地でアテンドしてくれたりと対応をしてくれることもあります。

 

いま私もセミナー参加して気になった自治体と複数やりとりをしています。焦らせるわけでもなく、こちらの生活や目標に合わせて対応してくれるので非常にありがたいです。

 

やりとりの中で印象が変わる自治体もあります。移住後のミスマッチを避けるためにも、相談員さんを通じて情報を得ることは大切です。

 

ここまでは東京都在住者視点でしたが、相談窓口は不定期ですが自治体によっては全国各地で開催されますので調べてみてください。

また、直接電話やメールのやりとりに対応している自治体も多いです。これなら遠方でも情報が得られそうですね!

 

一番は移住希望地に定期的に足を運ぶことですが…とりあえず行動あるのみ!!

 

 

今回はこんなところで。また何かしらセミナーやイベント参加したらレポートします。

 

今後も記事を書いていきますので是非訪問してくださいヽ(*・ω・*)ノ待ってまーす!

 

↓↓Twitterフォローしてくれたら嬉しいです!  壁|ωΘ)..↓↓

https://twitter.com/inakanigogo70

超楽しい!歯医者さんがジャングル!?

こんにちは、辣油ママです。

 

今日は移住の話を小休止、東京で見つけた子育てを応援してくれる素敵な場所のお話です。

 

みなさんのお子さんは歯医者さん好きですか?

 

娘は1歳半現在…大大大嫌いっです\(^o^)/

 

 

お子さんがいない方、ご自身の幼い頃とかどうでしたでしょうか?

 

私は大人になった今でも歯医者さん苦手です…もうあと2本埋没してる親知らずなんて抜きたくない

 

そして抵抗する子供を連れて行くとなると親も大変な労力が必要ですよね…(げっそり

 

 

そんな悩みを解決する素敵な小児歯科さんに先日行ってきました!

 

子供が楽しめる仕組みが整った、もはや歯医者さんなのかと疑問を抱くくらい。ママ友からの評判を前から聞いていてやっと行ってきました!子供も親も笑顔になれます。

 

 

小児歯科専門  モンキッズデンタル

https://www.monkids.jp/

 

 

凄すぎるぞ、ジャングルルーム

何がすごいって?!まず入口から進んですぐこの光景がドーン!!!

 

f:id:inakanigogo70:20180905170416j:image
f:id:inakanigogo70:20180905170419j:image

 

とても広いジャングルを模したプレイルームがあるのです!!!

 

大きな動物の遊具に乗ったり、すべり台で遊んだり、絵本やおもちゃで遊んだり…赤ちゃんから幼児、少し大きい子まで楽しめます。

 

時間帯別の予約枠を制限しているので混みすぎることもなく安全!治療の前後たっぷり遊ぶ時間をとっているのがすごいですね。

 

 

また、モンキッズデンタルさんではジャングルルームの一般利用も受け付けています。こちらは月によって開催日が違うので気になる方は直接お問い合わせください。

 

面白そうな子供向けお祭りイベントやブラッシング教室、マタニティ向けの教室も開催している時もあります。私もまた通院以外でも利用してみたいと思います!

 

歯医者さんだけどこのような遊びや学びの場を提供してくれるのは大変ありがたいです。

 

 

診察室もスタッフさんも子供に優しい

娘も高濃度フッ素を塗りに3ヶ月に1回通っています。

 

…しかし。親がやる歯ブラシのために口を開くことすら大嫌い。

 

そんな娘でもここならそれなりに頑張ってくれます!(まあギャン泣きですが…

 

モンキッズデンタルさんの診察室は各スペースがゆったりと仕切られており、他の子の泣き叫ぶ声が聞こえど姿が見えないからつられ泣きが少ないように思います。

 

そして何より!歯科医師さんや衛生士さんが小児専門なので泣いても喚いてもとにかく対応がうまい。子供も安心して任せられます。

 

その他のスタッフさん達は全て保育士というところもビックリです!なかなか他にそんなところはないですよね、すごい…

 

機器も揃っていてかつ、それぞれのブースでは頭上にモニターがあります。常にアニメが流れているので子供も飽きません。

 

そして!そして!診察後にはなんとご褒美のおもちゃor風船が貰える楽しいシステムになっています。

さっきまでギャン泣きだった子供も切り替え早くなってくれて大助かりです。

 

ちなみに診察券がスタンプ帳になっており、都度スタンプを貯めていくと様々なオリジナルグッズと交換も出来ます。ミニトートバッグなど色々あって可愛い!親も集めたくなりますね。

 

 

至れりつくせり無料送迎バス

エリアと曜日が限定されてしまいますが、なんと予約制の無料バス送迎まであります!

 

雨の日に自宅近くまで来てもらえるのは大変助かります。ただでさえ嫌がる子供を連れていくのは大変なのでとってもありがたい…!

車内でも子供向けBGMを流してくれたりと配慮がすごい。

 

バスも可愛くお猿さんの絵でラッピングされています。娘も覚えたての言葉で「さるー!!」と喜んで言ってくれたり。

 

東京メトロ東西線葛西駅から徒歩10分程。

駅から歩いて行けなくもない距離ですが、子供といると何かと大変なので送迎は本当にありがたい。

 

ちなみに電車で来られて帰られる方、ついでに葛西駅徒歩0分の地下鉄博物館オススメです。電車大好きなお子様に!!これについてはまた今後記事にします。

 

 

 

モンキッズデンタルさん詳細

東京の東端方面にお住いの方、いつか行ってみてください。江戸川区江東区墨田区葛飾区、それと千葉…!ゆるキャラチーバくんのお口あたりの方にオススメです。

 

自宅近くに歯医者さん乱立してるかと思いますが、子供と足を伸ばして行く価値ありです!!!

 

↓↓詳しくは公式サイトをご覧ください↓↓

https://www.monkids.jp/

 

モンキッズデンタル [小児歯科・予防歯科・矯正歯科]

東京都江戸川区中葛西1-31-9

TEL:03-5878-0151

※お問合せの際は営業時間をご確認ください

 

↓↓グーグルマップはこちら↓↓

https://goo.gl/maps/2P99VTAFtCy

 

 

 

うーん、これに慣れてしまったら移住後の小児歯科さん探しが難航しそう!笑

 

また今後も記事を書いていきますので是非訪問してくださいヽ(*・ω・*)ノ待ってまーす!

 

↓↓Twitterフォローしてくれたら嬉しいです!  壁|ωΘ)..↓↓

https://twitter.com/inakanigogo70

子育て移住計画 〜やまほいく編〜

f:id:inakanigogo70:20180903161433p:image

こんにちは、辣油ママです。

 

突然ですが、みなさんは保育園や幼稚園の記憶ってどこまで遡れますか? 

 

私の両親は共働きだったので、0歳後半赤ちゃん〜6歳卒園まで長いこと保育園にいました!

 

一番古い記憶はおそらく1歳後半くらいからなのですが…いつも思い浮かべるのは大自然の中で友達と遊んだ記憶ばかり!

 

…《春》…

つくし、ふきのとうを摘み。鶯の声を聞き。少し季節が進んで桜やタンポポの花々を楽しみ。

 

…《夏》…

暑いけれど青々とした緑を見て癒され。田んぼに入って蛙やメダカを探したり。畑の収穫を楽しみ。

 

…《秋》…

山々の見事な紅葉を見て、落ち葉を集め。赤とんぼを追いかけ。少し肌寒いけれど水に手をつけてみたり。

 

…《冬》…

しんしんと降る雪を暖かな家の中から眺め。白くなる息を見つめてみたり。かまくらを楽しんだり。

 

いまも心の原風景となって、私の拠り所となっています。

 

恥ずかしながら…その経験が良すぎて私はなぜか幼児記憶は抜群にあるのに、色々あって多感だった小中学校あたりの記憶が最近抜け落ちています。笑

 

自身がその環境で育って良かったなと本気で思うからこそ、娘にも同じことを体験させてあげたい。

 

だからこそいま、娘が幼児期のうちに家族で信州へ移住します!

 

 

これを求めてた!信州やまほいく

 

長野県は自然保育、“信州やまほいく”を推進しています。

子どもにとって幼少期の豊かな体験が、その後の人生に大きく関わると言われています。
雄大な自然に抱かれながら心を開放し、子ども一人ひとりの可能性をのびのび育てること。
春に花を咲かせ、夏に青々と葉を茂らせ、秋に実をつけ、厳しい冬に新しい芽吹きの準備を進める大木を支えているのは、大地に広く深く張り巡らされた根っこ。
自然保育で子ども達の“人生の根っこ”を育みましょう!

信州自然型保育ポータルサイトより引用

 

自然保育の認定を受けた園はすべて、園庭以外に自然と触れ合うフィールドを持っています。保育者の行き届いた目があるところで自然に囲まれるのはなかなか普通では出来ないことですよね。

 

それも県単位でとはなんと珍しい!広大な森林がある長野県ならではの保育ですよね。どんどん便利になっていく世の中だからこそ、こういった環境を行政が守ってくれるのは貴重に感じます。

 

私はまだこの制度がない時代の生まれですが、当時通っていた上田市の保育園では野山や田んぼでのフィールドワークが重視されていました。本当に、本当に楽しかった…!

 

自然の中には教材がいっぱい。自分で考え、自分で体験し、自分で検証し、友達に伝え、また動く。自然のPDCAサイクルです。

体力がつくのと同時に、ルールに縛られない中で自由な発想が生まれ、生きる力が身についていくのではないでしょうか。

 

娘には逞しく、また自分で考える力を養って欲しいと考えています。

 

こうも振り切った自然環境となると、都会ではなかなか出来ないことですよね。

私がいま住んでいる東京都のエリアでは園庭すらなく、建物自体狭いところが多いです。

 

長野県でも全てが自然保育ではないですし、公立私立、保育園と幼稚園、そして地域差がもちろんあります。

 

場合によっては通勤や生活に便利な場所を考えると、いくら長野県でも地域によっては自然保育とは離れることもあります。

同じように長野県への子育て移住を検討されてる方はご注意を。

 

長野県が主催する子育て特化の移住セミナーでも定期的にこのテーマ回が開催されています。

主に首都圏だと…有楽町の交通会館にある《ふるさと回帰支援センター》や、近隣ではアンテナショップ《銀座NAGANO》でもセミナーがありますので覗いてみてください。

 

子育てテーマ回だと、キッズスペースがあります!アルクマくんのシールや塗り絵が貰えてすごい大人が嬉しいです。笑

 

まずはどんなものか話を聞いてみたいレベルでも大丈夫です。ここに足を運べば何かしら情報は得られるので損はしないと思います。各自治体や施設職員の皆さんも親身になって話を聞いてくれますよ!

 

また後日、記事に以前参加したセミナーや施設利用レポートをまとめます。

 

私たち家族も県内のどこに移住するかまだ選定中ですが、“信州やまほいく”は今後も要チェックしていきたいと思います。

 

私の地元友達は中核市規模に住んでいることが多く、なかなか自然保育の口コミが聞こえてこないのも気になるところ。もっとアンテナを伸ばして調べていこうと思います!

 

首都圏での子育てにちょっと疑問を抱いた方、移住するきっかけを探している方、是非“信州やまほいく”公式サイトを読んでみてください。

 

他にも学童問題、小中高の選択幅やおけいこ等、教育環境については移住前にしっかり考える余地があると思います。これらも視野に入れて候補地を検討している毎日…

長野県で育ち、東京に出て行った自分の経験も踏まえて今後これも記事化していきますね!

 

また是非訪問してくださいヽ(*・ω・*)ノ待ってまーす!

 

↓↓Twitterフォローしてくれたら嬉しいです!  壁|ωΘ)..↓↓

https://twitter.com/inakanigogo70

おら東京さ、いやだ!なぜ移住計画?

f:id:inakanigogo70:20180902172945p:image

 

今日もこんにちは!辣油ママです。

 

いやいや誰だよって人はこちらもご覧ください。

 

 

今回は、なぜ移住したいのか?の回です。

 

この程度のきっかけでもいいのかと、いつか誰かに届けばと思います。日常に身を置くとなかなか環境に慣れてしまって変える勇気が湧き辛いかと思うので。

 

私の雑感で少し読みにくいかもしれません。お忙しいと思いますが、良かったらお付き合いください。

 

 

1.保育園落ちた

私はいま東京都の東側に住んでいます。ここは俗に子育てに優しい区だと言われています。

 

エッ…ん?保育園入れないのに?

 

いま結婚前にここへ評判を聞いて移り住んだ私を往復ビンタしてやりたいです。完全な嘘でした、絶望。隣の区や県、千葉県の西側も似た状況です。

 

悲しみの育児休業延長ですが、それあと半年で終わりを告げます。

娘の預け先がないから会社を辞めるしかないのです。このご時世になんということでしょう。

 

ちなみに認証保育所なども近隣は空いていません。仮に空いてたとしたら…結構な人数がいるにも関わらず、極狭賃貸の我が家よりも総面積が狭いです。

一時保育もベビーシッターさんもほぼ預けられないため、予約の電話をする際は通称チケットぴあと呼ばれ…アホか!

 

2.満員電車に疲弊

元18キッパー(青春18切符愛用者)として日本全国を普通列車で旅をしてきた私ですが…

 

満員電車は1駅でも耐えられない!!!

 

むしろバスも朝晩のラッシュは乗車率120%です。歩くしかない、でもそれすら道路が混雑\(^o^)/

何度電車で痴漢や物品の損壊、暴言やトラブルに巻き込まれたことやら…

 

それにプラスして日々の仕事疲れ、心がだんだんと貧しく荒んでいくのが感じ取られました…

 

ちなみにこれでも電車15分(乗り換え1回)、バス5分の話です。なんて私には耐性がないんだというよりは乗車率が酷すぎた。

 

3.人の優しさを忘れる

隣に誰が住んでいるかわからない。同じマンションの人や地域の人に挨拶しても返ってこない。ゴミ出しや各種マナーがとにかく酷い。公園もタバコの吸い殻で汚く、子供の遊びはあれダメこれダメの嵐。

 

もうこれは私がいる場所の地域性もあるのかもしれませんが、東京都の他区に住んでいた時もそんなことがよくありました。

 

そんな折に実家を中心に長野県に帰ると…。

 

行き交う人々が気軽に挨拶を、そして娘を温かい眼差しを。

 

何だかそれだけで心が救われるように感じました。些細なことですが、なんだか色んなことに疲弊していた私には大切なことだったのです。

 

最後に…信州が大好きだから!

f:id:inakanigogo70:20180902174115j:image

これまでに挙げた要素が移住を決意させたのか、それとも元々の志向だったのか。

 

結局のところ、私の心の中にはいつも故郷の原風景が広がっているのです。

 

高校生の頃は長野県に対して申し訳ないけど、『ここにいたら自分は何も実現できない。東京に行って成り上がってやるんだ!!』と考えていました。

 

今思えば穴があったら入りたいくらい恥ずかしい、若いって怖い( ´_ゝ`)

でも私の周りを見てると…もしかしたら田舎の高校生な通過儀礼なのかもしれません。笑

 

でもネットが普及し、地方にいても都会にいてもその差は段々と感じられなくなってきましたよね。まあ勉学や仕事は都会に出ないと実現できないこともありますが、価値観も行動も人それぞれなので。

 

結局のところ、東京にしかないものはあるけれど…家族が幸せに暮らしていくためにここにいる必要は何もないのだと私は思います。

 

少なくとも疲弊し続ける毎日にこのまま住み続ける未来が描けませんでした。

 

だとしたら少なくとも…私の心に住まう、原風景の中で生きていきたい。それが実現できるのが長野県だと思っています。

 

だって私が好きなモノ、場所、人、みんな長野にあるんだもん!!!

 

たまたま旦那さんも同じ趣向でした。大変ありがたい。また今度その話も記事にします。

 

そうそう、結婚式も軽井沢で挙げさせてくれました。実家も首都圏なのに…。ありがとう、超愛してる(普段言わない

 

これ以上長すぎると読みにくくなりそうなのでこの辺で。

他にも信州子育て移住をしたいきっかけがあるので視点別に文章化していきたいと思います。

 

また今後も記事を書いていきますので是非訪問してくださいヽ(*・ω・*)ノ待ってまーす!

 

↓↓Twitterフォローしてくれたら嬉しいです!  壁|ωΘ)..↓↓

https://twitter.com/inakanigogo70

辣油ママ 自己紹介するってよ

f:id:inakanigogo70:20180901144955p:image

 

初めまして、辣油ママです。

 

出産育児をきっかけに、色々と思うところがあり長野県への家族移住を決意しました!

 

実際に定住するまでの記録や子育て、日常生活、大好きな信州のことについてブログに残せればと思っています。どうぞよろしくお願いします!!

 

〜ブログ超初心者なので随時勉強してサイトを見やすくしていけたらと思います〜

 

 

辣油ママはこんな人

f:id:inakanigogo70:20180901135240j:image

出身/長野県上田市

居住歴/大学まで出身地、大学以降は東京都

年齢/最近30歳に!

経歴/中小企業の社畜。BtoB営業企画→管理部門(経理/財務/給与/人事/総務/広報/経営企画)として何でも屋化→妊娠して産休へ、育休1年半保育園落ち続けて退職危機なう

ステータス/産後デブ、現在ダイエット中!

趣味/旅行、グルメ、相撲観戦、温泉、映画、写真、水族館、八幡屋礒五郎集め

好きなもの/信州、沖縄、乳製品、ワイン、ビール、つけ麺、アボカド、紅茶、コーヒー

性格/ズボラの極み、娘最優先、マイペース、急に変なタイミングでやる気出す

 

移住したいと思ったきっかけについては後日!

 

 

旦那さんは?

f:id:inakanigogo70:20180901143626p:image

出身/神奈川県

居住歴/神奈川県、千葉県、現在は東京!

年齢/30代前半

ステータス/ごくごく普通のパパリーマン。娘誕生をきっかけに働き方、自分と家族のあり方を見直す…だから嫁の田舎に移住したい!

趣味/写真撮影、バスケ、漫画、娘と遊ぶ

 

 

娘について

f:id:inakanigogo70:20180901135159j:image

年齢/1歳半(2018年9月現在

ステータス/超絶マイペース、何でも自分でやりたい、おしゃべり、アクティブ、細身

好きなものEテレ、しまじろう、アンパンマンパン、ミッキー、温泉、プール、風船

 

 

ブログの目標

移住に際して調べ物をする時はネットサーフィンを主にするのですが…なかなか欲しい情報が集まらず。

それならば誰よりもいま暇な私が情報発信者になろう!という次第です。些細な情報かもしれませんが、いつか誰かにとって役に立つものでありますように。

 

 

ひとまず移住を東京オリンピック開催までに検討しているので、このブログも1年半最低でも続くよう頑張りたいと思います!(2018年9月現在

 

また今後も記事を書いていきますので是非訪問してくださいヽ(*・ω・*)ノ待ってまーす!

 

 

↓↓Twitterフォローしてくれたら嬉しいです!  壁|ωΘ)..↓↓

https://twitter.com/inakanigogo70